今回もせどり初期の頃のお話です。

せどり始めて2回目の仕入れで
店舗はヤマダ電機です。



実はパソコンを買いに来たついででした

前日にパソコンにコーヒーをぶちまけて壊してしまいました。
そこでヤマダ電機にパソコンを買いにきた
ついでに仕入れしてみようということですね。



何かのついでに仕入れができるのは
せどりのいいところです。

仕入れた商品

炊飯器

日立 炊飯器 IH 打込鉄釜 おひつ御膳 2合 RZ-VS2M N

モノレート



仕入れ値  437,076円(23,004円×19個)
見込み利益  89,300円( 4,700円×19)
売値   平均32,000円
粗利    約95,000円(1個約5,000円) 

この商品の色違いも含めて
50万以上使いました。

モノレートを見る限り当時は
月に30~50個ほど売れてそうと判断したので
大丈夫だなと考えました。

1~2時間で見込み利益10万程度です。

利益率はそこまで高くないですが
1個1個が高額ですし、売れ行きも良かったので
今考えれば全然仕入れ対象です。

最初からこんなに仕入れて大丈夫なのか?

もちろん当初は怖かったです。

でも今だからこそ言えることは、
基本的にすぐ売り切れそうなら問題ないです。


価格競争が起こって値段が下がって損する場合はありますが
すぐに売れるので入ってくる資金で
また他の仕入れをすればいいだけです。


売れなくてお金を寝かせてしまうのが一番危険です。

まとめ

売れているかどうかが特に大事です

モノレートの見方をしっかり勉強してください。

もちろん使える資金を全部同じ商品に突っ込むのは
リスクありますので
資金少ない場合は少し考えましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。