店舗仕入れに行き、利益の取れる商品を複数見つける事ができたけど
帰って検品してみたら色違いの商品だった
みたいなことは初期の頃は良くありました。




今回はその間違いをしない為の対策と
してしまった時の対処法を書いていきます。



実際に僕が間違えた一例

初期の頃に間違えた一例です。
片道1.5時間で行けるドンキのグランドオープンに初めて参戦した時の失敗です。


商品ページ

TESCOM ione マイナスイオンスチームアイロン 径38mm シャイニーピンク IPM850-P
テスコム(TESCOM)




こちら当時3,900円程度で売れていて、
ドンキで2,000円で売られていたので
少し多すぎるかなと思いましたが36個全部購入。






・・・のつもりでしたがこのうち
19個は色違いの商品でした。





TESCOM ione マイナスイオンスチームアイロン 径38mm シルキーゴールド IPM850-N



こちらですね。
色が違うだけなのにこちらは
相場2,000円でした。


FBAなら1個辺り600円程度のマイナス。
19個で10,000円以上のマイナスになります。


商品間違いで購入した中では
これが一番大きいマイナスですね。

間違った時の対処法




返品しましょう。




これで解決です。
レシートさえあれば返品はできますから。

後は手間を考えることですね。
お店までの距離、マイナスの額、商品の数などを考慮して返品にいくか考えましょう。

上記のヘアアイロンは片道1.5時間のドンキでしたので面倒でしたが、
さすがに返品しに行きました。



これが見込みプラマイゼロで1か月以内に売り切れそうとかだったら
そのままFBAに納品してたかもです。

対策方法

同じ商品を複数購入するときは
必ずJANコードの下3桁を確認しましょう。




パッケージがかなり似てたとしても、
JANコードは違うので
確認すれば間違えないです。

まとめ

・間違えたら返品
・返品は手間を考慮
・複数買いはJANコード確認


単価の高いものや数が多い時は
必ずチェックしましょう。


ちなみに単価の安いものや2~3個買う時は
今でもたまに間違えてしまいます(∩ω∩)



最後まで読んで頂きありがとうございました。