パートナーキャリアの値上げゆうパック特約を切られたりと発送関係で悪い状況が続いています。



今回は安いと噂のcc便について解説していきます。



cc便とは

cc便



cc便はコストカット便と読みます。
160サイズの段ボールを最安950円から送れるということでしばらく話題に上がっていた時期がありました。



システムとしては利用者がcc便の倉庫まで送り、そこからまとめてAmazon倉庫に発送することでコストを抑えているそうです。
支払い方法はチケット制を取り入れており、先にチケットを購入する必要があります。



チケットは現在1枚950円でまとめ買いで安くなります。(近々値上げ予定)


送る倉庫によってチケットの利用枚数が変わってきます。



チケット1枚利用FC: 市川、小田原、川越、八千代、八王子、川島、吉見、堺、藤井寺、大東

チケット2枚利用FC: 鳥栖、多治見、狭山、大田、印西、柏沼南、川崎、稲沢、高槻、西宮、灘浜、神戸、岡山



2枚使う場合は他の配送方法でもいいかもしれないですね。



現在キャンペーン中で2018/7まではどこの倉庫でも1枚で可能です。



利用方法



まずは無料登録する必要があります。
cc便の無料登録はこちらから



そしてチケットを購入します。
これだけで事前準備は完了です。



発送の流れですが、いつも通り納品プランを作り、梱包します。
後は配送の申請をして集荷を呼べば完了になります。



流れは単純です。



チケットを安く買う方法



基本的にはチケットを複数買うことで料金が割引されます。
しかしチケットには1年の期限がありますので気を付けてください。



その他もっと安く購入もありますがこれは後日別の記事にて解説していきます。



評判は?

評判



  • 到着までが遅い
  • 佐川が集荷に来てくれない
  • 大型連休は休み?


などなど色々な話も聞きますので最初は大量にチケットを買わずに試してみるのがいいです。
スピードには期待せずに安さ重視で問題ない場合は使えそうです。



早く納品したいものだけ他の発送方法を使えばいいですね。



まとめ



実は僕自身もまだ利用していないので全力でオススメはできない状況です。
一応チケットを安く購入してみたので使ってみてからまた感想を書きます。



チケットの値上げの時期が近づいていますので、まずはcc便というものを理解してもらって検討してもらえればなと思います。



チケットの値上げや安く買う裏技についてはこちらの記事で。
cc便のチケットを安く購入する方法とは 近日チケット値上げ



最後まで読んで頂きありがとうございました。